FC2ブログ

【息子入院記録(3)】入院と免疫グロブリン製剤

野口整体を取り入れた痛みの無い整体法
【整体全生院】の飯島敏靖・・・のです!

前回までの記事
【息子入院記録(1)】ある日突然の痙攣

【息子入院記録(2)】ボクちゃん緊急搬送


息子入院記録のつづきです。

救急車で病院に運ばれたボクちゃん。
到着した頃には、立ち上がることもできず、
ぐったりしている状態でした。

夜間緊急治療担当の先生から、
病状の経過を質問され、
時系列に、できるだけ冷静に答える母(嫁)。

(内心はテンパってましたけど!)

その間、息子は点滴用のチューブを準備、
血液検査用の採血を受ける。

採血直後、すぐにCT検査に移動。
CT後は病室へと移動。

病室で髄液検査を行うという説明を受けつつ、
主治医の先生と移動していたのですが。

不幸中の幸いなのか、
抱っこしている看護師さんの腕の中で、
ボクちゃん、またもや硬直して震えはじめた!

横に先生がいらっしゃったので、
すぐに異常を察してもらえました。

緊急性が非常に高いと、
この時確信をされたようです。

その後、一通りの検査を終え、
先生が診断・治療方針を伝えてくれました。

脳炎あるいは脳症が疑われる。

インフルエンザなど、
簡易検査で分かるウイルスは出ていない。

治療の第一選択薬
⇒免疫グロブリン製剤


免疫グロブリン製剤というのは、
献血で集めた血液をプールして、
免疫グロブリンという成分だけを
抽出したものなのです。

いわば、部分輸血みたいなもの。

当然、治療許可のサインを求められる。

迷っている暇もないし、
迷う理由もなかったので、サインしました。

ボクちゃんの免疫ではどうにもならないことが、
体の中で起こっているわけですからね。

すぐに治療開始となり、
24時間点滴で免疫グロブリンを投与することに。



↑こういう本が出ていたので、
後学のために買ってみました。

嫁は獣医をやっていましたが、
この輸血とか血液製剤の分野は、
人間の医療に絶対及ばないなあと思うのです。
(やれたら効果あるだろうけど、
コスト的に不可能なんだろうな)

緊急入院決定で、母(嫁)は泊まり込み決定!

怒涛の1日がようやく終わりました。


そして、翌日。

朝、目覚めたボクちゃん、
ものすご~く元気になっていて、
普通に喋れるようになってました。

回診に来られた先生も驚くくらいの、
回復スピードだったのです。

す、すごいな、免疫グロブリン。
超強力な外人部隊みたいなものか。

立ち上がることはまだできませんが、

「ママ~、ここ、どこ~」と、
いつも通りのおしゃべりを聞かせてくれました。

主治医の先生、ガッツポーズ♡

「治療のサインもらえなかったら、
どうしようかと心配してたんですよ」

と、言っておられました。

免疫グロブリン製剤・・・
確かに副作用の心配もあるし、
輸血とかダメ!と考えている人もいるだろう。

医師としては絶対にサインしてもらいたいのに、
家族に反対されたから治療できないってことも、
もしかしたらあるのかもしれません。

治るものも治らないってなったら、
医者としてはジレンマだろうなあ・・・とか思う。



ともあれ、ボクちゃんは順調に回復し、
治療4日目にはしっかり立てるようにもなりました。

看護師さんも、みんな優しくて、
毎日アンパンマンのキャラクターを貼ってくれました。

ボクちゃん、ご機嫌♡

一週間の入院の後、
とくに後遺症もなく退院することができました。

MRI検査結果も、問題ないとのこと。

ただ、細菌・ウイルス培養に出した検査は、
時間がかかるので、
後日のお知らせということになったのです。



生まれ持った体を最大限に使い、
与えられた寿命を全うする
「全生」という考え方が
整体全生院の基本理念です。

寝たきりの老後を過ごすのではなく、
命尽きる時まで仕事や遊びで
動き回っていられるのが
理想の生き方だと考えています。

整体全生院、野口整体に
ご興味のある方は、
ご遠慮なくご相談ください。


◎ 整体全生院 ◎

【野口整体法を取り入れた
オリジナルの施術を行っています】


http://www.整体全生院.com/
◎ご予約・お問い合わせ
055-279-3110
◎整体基本コース(約60分):5000円
◎クイックコース(約30分):3000円
◎体量配分測定(約30分):1500円

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

整体全生院

Author:整体全生院
所在地:山梨県甲斐市
JR中央線竜王駅南口から徒歩約3分
院長:飯島敏靖

整体学校を卒業後、野口整体創始者・野口晴哉先生の直弟子である故飯島崇靖先生の下で日夜厳しく指導を受けました。
野口整体の操法も取り入れながら独自の施術を行っています。

最新情報
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク