FC2ブログ

【整体操法】整体全生院の整体

整体
01 /16 2021
野口整体を取り入れた痛みの無い整体法
【整体全生院】の飯島敏靖・・・のです!

今日は、【整体全生院】で行っている整体の
実際の施術の流れについて
ちょっとご説明をしてみます。

【整体全生院】って、気になっているけど
どんな施術をやっているか不安・・・という
初めて来られる方の参考になれば良いなと思います。

まず、初めて来られる方で
体を動かすと激しく痛い!という方以外には

体の癖や、不調の原因をチェックするための
『体量配分測定』を受けていただきます。

fc2blog_202101161249108c3.jpg


測定機の台に乗っていただいて
簡単な動作をやっていただきますよ。

アナログでレアな特別機ですので
データは、敏靖先生と手書きとなります。

fc2blog_20210116124921b6a.jpg


測定結果を分析するのも
敏靖先生の頭脳となりますので
結果が出るまで5分くらお待ちくださいね♪

『体量配分測定』の結果は
人それぞれ違いますので
敏靖先生がいろいろ説明をします。

fc2blog_20210116124934606.jpg


そして、いよいよ施術に移るのですが・・・

まずチェックしていくのは、
「頭部」の状態から。
エネルギーがあるかどうか、
よく眠れているかどうかなど
様々なことが分かります。

fc2blog_20210116124949598.jpg

その後、仰向けに寝ていただいて
お腹の状態や、足首の状態をチェック。
異常がみられるところを
細かくチェックして、施術していきます。

fc2blog_20210116125003b09.jpg


背中の状態、背骨の状態は
やはり重要ですね!

fc2blog_2021011612501608b.jpg


上半身がお疲れの方が多いので
肩や腕も調整していきます。

fc2blog_20210116125035e47.jpg


眼精疲労が強い方には
『四点愉氣』という操法をしますが
これが、めちゃくちゃ心地良いのです。

fc2blog_20210116125046e62.jpg

膝痛、腰痛、首の寝違えなどなど
様々な症状で来られる方がいらっしゃいますが

それぞれの症状に合わせた施術をするので
いわばオーダーメイドといえますね!

【整体全生院】には、いわゆるギックリ腰とか
膝が痛いという整形外科的な症状の方だけでなく

慢性の持病をお持ちの方
よく分からないけど体調が悪いという方
病院で原因が分からないと言われた方

・・・など、

いわゆるマッサージメインの整体、整骨では
施術禁忌とされている方のお体を
むしろ専門的に施術している状況です。

骨をバキバキさせるとか、
痛みが強い施術はほぼありませんので
高齢の方でも安心して来院していただけます。

完全予約制となっておりますので
お子様連れでも、家族全員でも
他の方に気遣うことなくお待ちいただけますので
ごゆっくりお過ごしくださいね。

こんな症状だけど、どうだろう・・・?と
不安に感じているようでしたら
どうぞご遠慮なくご連絡ください。



生まれ持った体を最大限に使い、
与えられた寿命を全うする
「全生」という考え方が
整体全生院の基本理念です。

寝たきりの老後を過ごすのではなく、
命尽きる時まで仕事や遊びで
動き回っていられるのが
理想の生き方だと考えています。

整体全生院、野口整体に
ご興味のある方は、
ご遠慮なくご相談ください。


◎ 整体全生院 ◎

【野口整体法を取り入れた
オリジナルの施術を行っています】


http://www.整体全生院.com/
◎ご予約・お問い合わせ
055-279-3110

◎公式LINEはこちら
LINE画像


◎整体基本コース(約60分):5000円◎

関連記事

コメント

非公開コメント

整体全生院

所在地:山梨県甲斐市
JR中央線竜王駅南口から徒歩約3分
院長:飯島敏靖

野口整体創始者・野口晴哉先生の直弟子である故飯島崇靖先生の下で日夜厳しく指導を受ける。施術歴は20年、施術した人数は述べ12,000〜13,000人の実績を持つ。
どうしたら自分らしい本来の体を取り戻せるかを常に探求し、真摯に取り組み、自らの技術の向上に余念がない。

生まれ持った体を最大限に使い、与えられた寿命を全うする「全生」を基本理念とし、野口整体の操法も取り入れながら独自の施術を行う。
体の仕組み、体の癖の説明など施術にあたっては詳しく説明をし、一人一人の体の癖に合った痛みのない整体法を施していく。

整形外科や他の整体院で治らず探してたどり着く方、県外から来られる方も多く、症状が改善し気持ちが変わる、人生観まで変わったなど、喜びの声が多数寄せられている。

文・あかがわくまこ