FC2ブログ

【体癖】体癖は両親から受け継ぐもの

体癖とは
03 /21 2021
野口整体を取り入れた痛みの無い整体法
【整体全生院】の飯島敏靖・・・のです!

気がついたら、昨日は春分の日。
昼と夜の長さが同じになりましたので
だいぶ日が暮れるのが遅くなりましたね。

そして、春も本番。
整体全生院の周りにある桜の木にも
ちらほらと花が咲き始めました。

年度替わりになりますし、
新年度からは新しい生活が始まる方も
多いかな~と思われます。

どんな人生を送るかは、
その人次第といった感はありますが、

なんとなく、両親や、祖父母、ご先祖と
似たような進路を選ばれる方もいますよね。

ご両親をとても尊敬しているとか、
逆に、反面教師にしているという方も
いらっしゃるでしょうが

変えられない宿命があるとしたら、
DNA的に、あなたは、ご両親の子供
・・・ということです。

自分の容姿が嫌い!という人でも
整形して顔立ちはなんとなく変えられても、
DNAから全てをやり直す!ということは、
今の時点では不可能です。

『体癖』というのは、生物学的な父母から
受け継いでいる形質とも言えまして、
無意識的に「自分」に影響を与えるものです。

簡単に言うと、骨格とか、雰囲気とか
お父さんに似てる、あるいは、お母さんに似てる・・・
みたいな感じになってきます。

先日、嫁のお友達が【整体全生院】に来られましたが、
以前から、そのお友達の2人の息子さんたちが、
色分けしたように、お父さんとお母さんに、
それぞれ似ているのです。

写真をお借りしましたので、公開しますと

fc2blog_20210321170236185.jpg

右側から、長男くん、お母さん、お父さん、次男君。

顔を隠してますが、

長男君とお父さん、次男君とお母さんが似てますね。

お母さんである、嫁のお友達の体癖は、
前後型5種+左右型3種な方。

お父さんは、写真で見た感じだと
上下型1種+前後型5種混ざりな雰囲気ですね。

お父さんと長男君、首が太くて長く、まっすぐになっています。
肩幅も広くて、わりと胸を張っている感じなので
前後型も混ざっているかな~って感じ。

fc2blog_20210321170252e37.jpg


ただ、お話を聞いてみると、
お父さんと長男君は、じっくり考えてから動くタイプらしく
上下型1種が強く出ているのかなと思います。

お母さんは、行動的な前後型5種と、
明るく楽しい3種体癖がミックスされていますので、
閃いた! 感じた!ら、すぐに動き出すタイプ。
好きなことなら、なおさら行動が俊敏になります(笑)。

次男君は、そういうお母さんと、似ている感じ。
顔を隠していてわかりませんが、
空手をやっていて、ものすごく強いんですが
なんとなく可愛い雰囲気がただようのは、
左右型3種ならではかもしれません。

fc2blog_202103211702454c8.jpg


ねじれ型7種がはいっていると、
もっと目つきが鋭く、怖い雰囲気になりますからね。

お父さんに似てる、お母さんに似てるは
体癖が似ている…とも言えるので、

ご自身の体癖を知りたい方は
家族写真を見比べてみると、
分かりやすいかもしれません。



生まれ持った体を最大限に使い、
与えられた寿命を全うする
「全生」という考え方が
整体全生院の基本理念です。

寝たきりの老後を過ごすのではなく、
命尽きる時まで仕事や遊びで
動き回っていられるのが
理想の生き方だと考えています。

整体全生院、野口整体に
ご興味のある方は、
ご遠慮なくご相談ください。


◎ 整体全生院 ◎

【野口整体法を取り入れた
オリジナルの施術を行っています】


http://www.整体全生院.com/
◎ご予約・お問い合わせ
055-279-3110

◎公式LINEはこちら
LINE画像


◎整体基本コース(約60分):5000円◎

関連記事

コメント

非公開コメント

整体全生院

所在地:山梨県甲斐市
JR中央線竜王駅南口から徒歩約3分
院長:飯島敏靖

野口整体創始者・野口晴哉先生の直弟子である故飯島崇靖先生の下で日夜厳しく指導を受ける。施術歴は20年、施術した人数は述べ12,000〜13,000人の実績を持つ。
どうしたら自分らしい本来の体を取り戻せるかを常に探求し、真摯に取り組み、自らの技術の向上に余念がない。

生まれ持った体を最大限に使い、与えられた寿命を全うする「全生」を基本理念とし、野口整体の操法も取り入れながら独自の施術を行う。
体の仕組み、体の癖の説明など施術にあたっては詳しく説明をし、一人一人の体の癖に合った痛みのない整体法を施していく。

整形外科や他の整体院で治らず探してたどり着く方、県外から来られる方も多く、症状が改善し気持ちが変わる、人生観まで変わったなど、喜びの声が多数寄せられている。

文・あかがわくまこ