FC2ブログ

突然のぎっくり腰

お客様ビフォー・アフター
04 /20 2016
野口整体を取り入れた痛みの無い整体法
【整体健康院】の飯島敏靖です。

突然のぎっくり腰で、整体健康院に来院される方がしばしばいらっしゃいます。

それまでは普通に動けていたのに、突然グキ!
痛みと、腰に力が入らない状態になるため、そのまま動けなくなります。

韮崎市にお住まいのHさんもぎっくり腰で来院されました。
蔵の整理の途中、ぎっくり腰になられたそうです。
痛くて車の運転もできないため、息子さんが付き添われて来られました。

hndさん1

hndさん2

施術前の写真です。
腰から力が抜けている状態になっており、頭と首が前にせり出しています。

ぎっくり腰は、腰椎5番の異常です。
前回の体癖の説明でも書きましたが、体の前後運動(前屈・後屈)の要になるのが腰椎5番です。

蔵の整理をなさっていたとのことですから、前屈みの姿勢で作業をされていたのでしょう。
ぎっくり腰は、息を吸って腹圧がかかっている時にはおきません。
息を吐ききった状態の時が一番骨がずれやすいのです。
おそらく、息を吐ききった時、前屈みで重い物を動かそうとして、腰椎5番が動いたものと推測されます。

hndさん3

hndさん4

施術後の写真です。
ずれた骨を調整したことによって、腰に力が入り、体が真っ直ぐになりました。
ぎっくり腰の痛みがなくなり、ふだん通り動けるようになりました。

痛みがなくなり、動けるようになったことで、Hさんはとても喜んでお帰りなられたのですが、注意点があります。
ぎっくり腰をふくめ、腰痛が酷い場合は、1回の施術で治ったと感じられても、まだ体は不安定な状態です。
完治させるためには、1週間後にもう一度、酷い場合は2週間後にも調整する必要があります。

だいたい一度の施術でぎっくり腰や腰痛が改善するため、その直後からいつも通り動いてしまわれる方が多いのですが、再発する可能性が高いので無理な動作は禁物です。

ぎっくり腰の予防法ですが、重い物を持ち上げたり、動かしたりする場合は、下腹に少し息をいれ腹圧をかけた状態で作業してください。
前述した通り、骨がずれやすいのは、息を吐いて力が抜けている時です。
年齢や筋肉の有無などはあまり関係なく、体を鍛えている若い人にでもぎっくり腰になることがあります。

新年度になり、物を移動させる作業が多くなる時期ですので、「下腹に息を入れる」を意識していただくと良いと思います。


生まれ持った体を最大限に使い、与えられた寿命を全うする「全生」という考え方が整体健康院の基本理念です。
寝たきりの老後を過ごすのではなく、命尽きる時まで仕事や遊びで動き回っていられるのが理想の生き方だと考えています。

整体健康院、野口整体に興味のある方は、ご遠慮なくご相談ください。

整体健康院
【野口晴哉先生が提唱された野口整体法を取り入れたオリジナルの施術を行っています】
http://www.整体健康院.com/
◎ご予約・お問い合わせ
055-279-3110
◎整体基本コース(約60分):5000円
◎整体クイックコース(約30分):3000円
◎体量配分測定(約30分):検査料・説明料込み1500円
関連記事

コメント

非公開コメント

整体全生院

所在地:山梨県甲斐市
JR中央線竜王駅南口から徒歩約3分
院長:飯島敏靖

野口整体創始者・野口晴哉先生の直弟子である故飯島崇靖先生の下で日夜厳しく指導を受ける。施術歴は20年、施術した人数は述べ12,000〜13,000人の実績を持つ。
どうしたら自分らしい本来の体を取り戻せるかを常に探求し、真摯に取り組み、自らの技術の向上に余念がない。

生まれ持った体を最大限に使い、与えられた寿命を全うする「全生」を基本理念とし、野口整体の操法も取り入れながら独自の施術を行う。
体の仕組み、体の癖の説明など施術にあたっては詳しく説明をし、一人一人の体の癖に合った痛みのない整体法を施していく。

整形外科や他の整体院で治らず探してたどり着く方、県外から来られる方も多く、症状が改善し気持ちが変わる、人生観まで変わったなど、喜びの声が多数寄せられている。

文・あかがわくまこ