FC2ブログ

体量配分測定では体の異常や体癖が分かります!

野口整体を取り入れた痛みの無い整体法
【整体健康院】の飯島敏靖・・・のです!

ここのところ、フィギュアスケーターやお相撲さんの体癖の話題が続いております。

この体癖ですが、ぱっと見ただけで分かるタイプの人と、よく分からないなと感じる人がいます。
嫁もまだまだ修行中なので、観察眼が未熟だから、とも言えますが。

体癖を判断する時は、その人の雰囲気や、顔・体の形、性格、歩き方などをチェックしていくのですが、それでもよく分からないという場合は、体量配分測定をしてみると、気づかなかった体の癖が出てくることがあります。
そして、ご本人も感じていない体の異常もチェックできます。

昨日、整体健康院に来院してくださったのは、翻訳家でスピリチュアルカウンセラーの三枝ゆみさん
(プロフィール写真をお借りしました)

yumiサン5


三枝ゆみさんのブログ⇒地平線の向こう側

とても独特で個性的なブログを書かれていて、嫁もファンだったりします(笑)。

前々から三枝ゆみさんの体癖が気になっていたので、今回、体量配分測定もしていただくことになりました。

yumiサン1

まず、体量配分計の上にあがり、腰椎1~腰椎5番の動作を行ってもらいます。
写真の動作は、腰椎5番の前後動作。

体量配分測定2

緊張姿勢、弛緩姿勢を含めて、体の力が足のどこに配分されるかが数値化されてでてきます。
これを分析していくと、体癖や、異常が見つかるわけです。

ゆみさんの異常ポイントはいろいろあるのですが、特に気になるのが腰椎3番(L3)と腰椎5番(L5)。
翻訳のお仕事をされているので、かなり?長時間パソコン仕事を続けられているのではないでしょうか。

yumiサン4

頭部のチェックで、睡眠の状態や、体力の有無などをチェック。
疲れやすくなっているとのことでしたが、睡眠が浅くなっているのが原因かもしれません。

yumiサン3

股関節の動きのチェックをしていると、一緒にいた息子がずり這いしながら近づいてゆく~。

yumiサン2

目の疲労をとるために、四点愉氣という操法を行います。
これは頭の疲れや緊張も解消されるので、気持ちが良くて眠くなりますよ。

体量配分測定の結果をみていくと、三枝ゆみさんは、全体的に右重心で、右親指に体重が乗りやすい傾向があります。
今回異常値が、腰椎3番、腰椎5番とみられたので、体癖の確定とまではいきませんでしたが、上下型1種がかなり色濃くでていると考えられます。

上下型1種の人は、別名「大脳型」といわれています。
常に考え続けている人たちなので、起きている間は脳をリラックスさせることが苦手です。
なので体調を良くしていくためには、他のどの体癖よりも「睡眠」が重要になってきます。
睡眠の長さではなく、しっかり熟睡する「質」の方を大事にしてください。
あと、二度寝をしてしまうと、寝起きに体がうまく緊張できないので、目が覚めたらその時点でお布団から出た方が良いです。

腰椎3番の捩じり動作がうまくできていなかったのは、骨盤の歪みが出ていたからので矯正を行いました。

今回のポイントは、
◎目の疲労
◎睡眠の質がいまひとつ
◎腰椎3番、5番の不調

健康アドバイスは、「しっかり眠ってください」です!
良い睡眠が十分にとれていて、ストレスフリーな生活をしている上下型1種の人たちは、元気で長生きできますよ(笑)。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

生まれ持った体を最大限に使い、与えられた寿命を全うする「全生」という考え方が整体健康院の基本理念です。
寝たきりの老後を過ごすのではなく、命尽きる時まで仕事や遊びで動き回っていられるのが理想の生き方だと考えています。

整体健康院、野口整体に興味のある方は、ご遠慮なくご相談ください。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・
~・~・~・~・~・~・~・~・~・
整体健康院
【野口晴哉先生が提唱された野口整体法を取り入れたオリジナルの施術を行っています】
http://www.整体健康院.com/
◎ご予約・お問い合わせ
055-279-3110
◎整体基本コース(約60分):5000円
◎整体クイックコース(約30分):3000円
◎体量配分測定(約30分):検査料・説明料込み1500円

~・~・~・~・~・~・~・~・~・
~・~・~・~・~・~・~・~・~・
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

整体健康院

Author:整体健康院
所在地:山梨県甲斐市
JR中央線竜王駅南口から徒歩約3分
院長:飯島敏靖

整体学校を卒業後、野口整体創始者・野口晴哉先生の直弟子である故飯島崇靖先生の下で日夜厳しく指導を受けました。
野口整体の操法も取り入れながら独自の施術を行っています。

最新情報
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク